”あたりまえ”を大切に♪

動物、イラスト、くだらない事など、色々なことを 書いています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

平塚市の神奈川県動物保護センターへ行ってきました

シェア歓迎・シェア希望

雨の七夕。・・・朝は今日は七夕だという事を忘れていました。
今日、平塚にある神奈川県動物保護センターへお話を聞きに行ってきました。
20150707_112834.jpg 20150707_112457.jpg
こちらは横浜、川崎、横須賀の3市以外から動物が持ち込まれます。そして殺処分をしないという方針の元、ボランティアの方たちと協力して月1で譲渡会も行っています。他にも、しつけ教室、幼稚園等でふれあい教室等の啓発活動もされています。
平成14年度、犬猫殺処分数がゼロ(犬は2年連続)のセンターでもあります。

玄関入ると、災害時の説明と迷子犬猫掲示板(写真撮り忘れ)などがありました。
20150707_110811.jpg 20150707_110751.jpg
最初に通され説明を受けた部屋には、譲渡されていった犬猫たちの写真や、小学生からの言葉などがありました。
20150707_103628.jpg 20150707_103425.jpg 20150707_103725.jpg 20150707_103503.jpg

幼稚園や小学生に、命の大切さを実際に聴診器で心音をきかせたり等・・・。これっていいよね、実際に心音聞いた子は大事さが更に伝わると思う!こういう経験て大きいし大事だと思う。
一番右はマイクロチップ。実際の大きさはこの位。犬のヌイグルミと写っているのは手作りの首輪で迷子札がしっかりとくっついています。センターのホームページにこの首輪の作り方が書いてありますので見てみてください。→こちら。これ可愛いし私も作ってみようかな。

今日、担当してくれた職員さんもおっしゃっていました、迷子札やマイクロチップの必要性。
迷い犬で連れてこられる犬も多いそうです。その時に迷子札、連絡先があればすぐに連絡してくれるので、その犬は家族の下へ帰る事が出来ます。しかし迷子札がない、鑑札を着けていない、電話番号等も何もない、という犬が多い。これでは帰す事が出来ない。そんな帰ることが出来ない犬はセンターが預かる事になります。
こちらのセンターでは、殺処分はしない方針で頑張ってくれていますが、飼い主が出てこない場合は(センターによって多少異なりますが)5日程でガス室へ送られます。そして二酸化炭素中毒の窒息死でもがき苦しんで亡くなります。ブログでも何度も書いていますが窒息死です。安楽死なんかじゃありません!!こちらのセンターでも、病気の犬など本当にやむを得ない場合は麻酔と筋肉弛緩剤の注射での処置をしているそうですが、だからいいだとかそういう事でもない!と私は思います。勿論それも重要です。だけどまずは、”命を奪うとはどういうことか”、それをちゃんと考えて理解しないといけないと思います。
inoti1.jpg
私の作品より。

自分の犬が居なくなってしまった時、迷子札があれば助かったであろう命も沢山あるんです。そうでなくても交通事故の危険だってあります。「放っておいてもその内帰ってくるよ」なんて行ってる場合ではないんです。センターの方にも迷惑をかける事になります。

次に犬舎へ案内してもらいました。
2.jpg 1.jpg
飼い主からの持ち込みや迷子の子たちが集まっています。コーギーの子の檻には「返還」と書かれていました。この子は運良く飼い主の下へ戻れるからだそうです。他にも「薬あり」など。。個室に入っているのは大部屋だと他の犬を傷つけたり喧嘩したりしてしまったりする犬たちだそうです。今年センターは建替えを計画しているそうです→こちら。建て直し後は全て個室化される予定だそうです。

大部屋の方では沢山の犬たちがこちらを見ていました。ワンワンと出して!と言っているようでした。職員さんはおっしゃっていました。
犬にとってここは居心地のいい場所ではないですから。一応夏は扇風機、冬はストーブをしていますがエアコンはないですし。元々ずっと居られる場所として作っていないので。5日後にはガス室へ移動させられる構造になっていますから」と。
・・・こちらのセンターでは10年程前からガス室はストップしているそうで、犬がガス室へ送られる事はないですが、今でもガスで殺処分をしている所は沢山あります。本当に、犬にとっても辛い部屋です。そりゃそうです。具合の悪そうなワンコもいました。。

そして、首輪がついている犬の多いこと・・・。先ほど書いたように、連絡先のついた迷子札や鑑札があれば、この首輪の着いた犬たちは飼い主の下へ帰れたのに。それだけでもセンターへ来てしまう犬は減らせるんです!!
現在こちらのセンターでは犬40匹、猫15匹程度が収容されているそうです。横浜、川崎、横須賀以外から持ち込まれるこのセンターで、飼い主持ち込みによる犬の数は年間88匹。 ・・・・どうして捨てるんだ。どうして捨てれるんだよ!!

買えなくなった理由の3位までは犬猫共に、1.飼い主の病気、高齢、死亡 2.転居 3.近隣からの苦情との事。自分が年を取ってからは生き物は迎えない、それも素敵な愛情です。それか、自分に何かあった場合に子供などに託せるように準備をしておくこと。私の祖母は、自分が死んだ後も飼ってる犬猫を面倒見てくれるか娘に聞いてから迎えたそうです。その祖母の気持ちを知った時はとても嬉しくて今でも誇りです。その犬猫たちももう亡くなったけれど長生きしてくれました^^
生き物を迎える上で色んな状況を考えないと。引越しもそう。そして何としても里親を自分で探す努力をしないといけないです。
猫舎にも大人の猫ばかりいました。みんなニャーニャーと訴えてたよ。。写真の右2枚は今度譲渡会に参加する猫ちゃんだそうです。良い人の所へ行けるといいな。
20150707_112019.jpg 20150707_112015.jpg 20150707_104154.jpg 20150707_104111.jpg
他にも動物が居るとの事で見せてもらいました。最初にびっくりしたのはガチョウがいた。。このガチョウはもう20年くらい前からここにいるそうです。他にも亀や鶏や鳩…。こういった動物たちは持ち込みではなく、普通に外に居たのを保護され警察経由でやってきた動物たちみたいで、でも元はといえば人間が飼っていた筈のペットですね。ガチョウは分からないけど。。
20150707_104622.jpg 3.jpg

そして、こちらの犬たち。みんな元は飼い主持ち込みの犬たちで、今はこのセンターで訓練を受けていて、いずれは譲渡会に参加する犬だそうですが、左はしつけ教室などの時のモデル犬たち。右の黒い仔はコンパニオンアニマルとして活動しているそうです。
他にもこの場にチワワちゃん2匹やワイヤーダックスらしき子もいました。触らせてもらいました。この黒い仔、すぐに寄ってきてめちゃ可愛かった・・・。何で捨てるんだよ、腹立つし悔しい。。
20150707_104232.jpg 20150707_105019.jpg 20150707_105027.jpg
ちょうどタイミングよくこの黒いトイプーちゃんのデモンストレーションを見せて頂けることになりました。

20150707_105242_158331.jpg 20150707_105242_174494.jpg 20150707_105242_57987.jpg 20150707_105242_112376.jpg
すごい!黒トイプーちゃんも楽しそうでした(*^-^*)

そしてこちら。左:トリミング部屋。元はそういう部屋ではないけれど、トリミングの部屋にしたそうです。右:このセンター内にある手術室。ここで獣医さんが犬猫たちの虚勢避妊をして、そして譲渡出来るようにしているのだそう。大事ですよ!!避妊虚勢は!!
20150707_110858.jpg 20150707_110921.jpg

まとめ。
このセンターは私の地元にあり、殺処分をしない方針という事でお話を実際に聞いてみたい、現場を見てみたい!と思って行ってきました。ニュースで殺処分しない方針の保護センターと聞いて嬉しい気持ちになりました。実際にガスを使わず、殺処分ゼロになったという事実は嬉しい事です。だけど、実際にお話を聞くと「やったね!!凄いね!!」なんて簡単に喜ぶ事は出来ないと思いました。なぜなら…、

殺処分ゼロ、ガスを使わない。。こういう状況を維持するのに、センターの職員さんやボランティアの方々がどれだけの苦労をしているか。・・という事。身勝手な理由で無責任に持ち込んだその命を、助けようと頑張ってくれている職員さんやボランティアの皆さまの並々ならぬ努力のお陰だという事。だから、飼い主は責任持って、きちっと将来のことを考えて動物を迎えること。医療費もかかりますよ!生き物ですから。介護が必要になるかもしれないですよ。旅行とかも簡単に行けなくなりますよ。

保護センター、愛護センター等は、自分に都合悪くなった犬を引き受けてくれる場所ではありません!安楽死させてくれる場所ではありません!!センターに持ち込めば安心、なんて思わないでください。
そして私はペットショップ(生体販売)にも反対しています。ペットショップでは可愛い子犬や子猫が展示販売されています。命を売っています。あなたが「可愛い!」と安易に買えるように。本当に生き物を迎えたいなら命を売っている所ではなく、センターやボランティアさんの譲渡会等に参加したり、そちらから引き取ったりして欲しいです。ペットショップはお金儲け。どんどん産ませて(パピーミル調べてみてください)どんどん売る。売れればいいんです。テレビなどでも子犬や子猫を押して、CM見ればすぐ欲しくなって・・・。生き物ですよ、そんな簡単な事ではありません!!そもそも、生き物を迎えるにあたって、動物に自分の理想を期待しないで欲しいです。あなたを癒す道具ではありません。あと、テレビで演技したり、テレビ見て欲しくなっても、迎える子は同じではありません。それぞれ性格もあるのです。自分が逆だったらと考えて見ましょう。沢山想像しましょう。

こういった殺処分ゼロを目指したセンターは他にもあります。皆さん同じような努力をしてくれている結果です。私も分かってはいたけど改めて感じました。飼う側も、きちっとした飼育でセンターなどに迷惑をかけないようにしたいですね!
「ガスではないし、尚更持ち込みやすい」なんて罪悪感ゼロの思考はやめてくださいね。そういう命を簡単に見ている人のせいで、動物たちや動物の為に努力している人を追い込むんです。
j2.png
これも前に私が描いた作品です。
センターにいる犬です。首輪がついています。


こちらのセンターでは、譲渡会に参加する前には講習会を受けないといけません。それから私のように見学、他には飼育体験教室なども事前の予約で出来るので、お子様と一緒に見学体験をするのもとても良いと思います。お勧めします!

神奈川県動物保護センターホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f80192/

こちらは我が家の元保護犬の銀次郎です。里親になってもう9年!
一度は捨てられ、虐待を受けたであろう仔です。今じゃすっかり警戒心ゼロのだらだら~(*^▽^*)
20150611_142302.jpg
最後にひとつ。我が家はこの銀次郎を譲渡してもらいましたが、実家にはペットショップで買ったコーギーがいます。今も元気で勿論大事な家族です
その時は私もまだ何も知らなかった。。勿論、ペットショップから迎えても幸せな仔は沢山います。だけど、譲渡会を開いてるセンターや、ボランティアの方達から迎えるという選択があることも知ってください。広めてください。更に、辛い事実ですが、ペットショップで売られている動物たちが大きくなったら(売れなくなったら)どうなるか、そしてその子たちを産んだ親たちはどういう状況なのかを知ってください。よく業者が公園や山などに破棄、というニュースもありますね。。因みに犯罪です。
犬猫たちの親の事も、パピーミルで調べると出てきます。

ペットショップで買った事を責めないで、その仔を大事にしてください。大切なのは知ってからどう行動するかです。この先もし迎えるならペットショップではやめよう、とか、周りに広めたり等の行動です。よろしくお願いします!

宣伝】(*^-^*)/こちらも発売中です。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

啓発絵本「ちょっちおねがい」・「けとかわ」
https://minne.com/hareusagi
※ミンネにて発売中。ご購入には登録が必要ですが(>_<)、是非よろしくお願いします!!
絵本の内容は、私のホームページより、読むことが出来ます。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....
【 2015/07/07 (Tue) 】 動物関連 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する