”あたりまえ”を大切に♪

動物、イラスト、くだらない事など、色々なことを 書いています。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

銀次郎のこと②

こんにちは。寒いですね。12月16日。
銀次郎が旅立ってから1年経ちました。
本当はもっとこまめに書く予定でいたのですが書けず、今日になりました。
その間もちろん忘れる訳なく、変わらず銀次郎は弱い私の心の支えになっていました。でも、触れないってつらいな~。
銀次郎はめちゃイケメンなんですよ。ほら!笑
gin2.jpg

今日は改めて、銀次郎と繫がれたいきさつを書きます。銀次郎は最初は大阪にいました。そこで保護してださった方がいました。その方のお世話になった後、和歌山にあるWan lifeさんの所へ移動。そこから繋がりのある、東京の(今はドッグレスキューの代表)である廣田さんのもとへ。
廣田さんのブログに銀次郎の事が書いてあります。↓
http://blog.livedoor.jp/banibanijr/archives/50059608.html
(「銀次郎君」というタイトルの記事は銀次郎の事がかいてある記事です。番号順に見ることができます)
ブログにも書いてありますが、銀次郎は下半身を蹴られたりしていた可能性があり、自傷行為がありました。何か悪い事したと感じたりした時などに、自分の後ろ足をガウガウと噛んでしまう。とにかく心の傷があるのは確か。それを廣田さんはケアしてくれました。…その頃私は、動物問題を知ってそんなには経ってなくて、動物を迎えるのはペットショップなんかじゃない!1匹でも救えたらなぁ、だから保護犬を迎えるんだ!と意気込んでいました。そしてネットで色んな里親募集のページを見ていた時に、廣田さんの銀次郎の記事を読んだんです。そして会いにいきました。その時の写真がこれ。
gin3.jpg gin4.jpg
もう里親募集は始まっていたので笑顔です。若いなぁ。毛色も濃いなぁ。(≧▽≦)そして11月22日にトライアルで迎えました。迎えてからは大変でしたー!!銀次郎はケアしてもらってからは無表情だったのが笑顔になり、自傷行為もだいぶ良くなっていたけれどトラウマはそう簡単に治る物でもないのでガウガウはありました。そうなった時の対処法なんかも廣田さんから聞いていて実践。でもね、正直一番大変だったのはガウガウでなはくて、おトイレでした!!ヽ( ´_`)丿
元々はちゃんと室内でもトイレ出来る子だったけど、うちに来て環境も変わり、人も変わったから失敗や新しい私の事を試すようにマーキングや焼きもちで気を引くためのくんも(^-^)だけどこれからも一緒に居たい!って思い、次の年の2月5日に正式に家族にしました。その後も暫くは廣田さんに電話で泣きつき(笑)ながらも家族になっていきました。
銀次郎、若い頃はなかなか自由な性格で(笑)ブイブイ言わせていました!(≧▽≦)銀次郎はお水遊びも大好きだった!
オケとかに水やお湯を張ると足を突っ込んでいつまでも遊んでたなぁ。川にも行きました。懐かしい写真。
e0099441_18303230.jpg

e0099441_18361928.jpg
銀次郎すぐ流されるの。(笑)リード付いてるから平気なんだけど、本人はそんな事も気が付かず泳ぎながら嬉しそうにおもちゃを追いかけてた!

保護犬のことや、トラウマを持った動物さんを家族にすること、接し方、動物の気持ち…沢山の事を廣田さんや銀次郎から学ぶ事が出来ました。最初に保護してくれたあみこさん(お名前出してよかったのかな)にも感謝でいっぱいです。

あとね、2月の話なのだけど、霊視出来る方に縁あって見てもらえる機会があり、銀次郎からのメッセージを伝えてもらいました。それがこちら。
(本文は伝えてもらった方からの文章そのまま)

*******************************************************

銀次郎より(・へ・U)

とても心配してて、飼い主さんの側を離れようとしてない状態です。
というのも、自分がいなくなってしまったことで飼い主さんの時間、心が止まってしまっているらしく心配で心配でしょうがないみたいです。
尻尾も振ってて、とても元気な状態で見て見て!今はこんなに元気だよ!肉体は疲れてしまったけど、魂はこんなに元気だよ!と周りをクルクルしているのが見えます。
最近前みたいにイラストが書けてないんじゃないかと心配してます。自分のせいで、大好きな物を忘れてしまっていないか、ちゃんとご飯も美味しく食べれているか、心から楽しんでいるのか、そういうことを気にしているみたいです。
この子はとても優しい子なんでしょうね、今でも健気に寄り添っています。
あとまたちゃんと会えるから、会いに来るから!と伝えてほしいみたいです。
よく姿形が変わっても、直感であ!この子に決めた!ということがありますのね。
縁がある子はその子だそうです。その為には飼い主さんが元気になってくれればあちらの世界にいってまた生まれ変われるみたいなので、そういった意味でも前向きに、プラスに考えてほしいそうです。


*******************************************************

…こんなのさ、泣かないわけないじゃん。笑
なんでこんなに温かいんだろう。銀次郎は勿論だけど、動物とか生き物って本当に温かいしかない。
2月まで本当にあまり手につかなくて食欲もなくなってヘナヘナだったけど、これを受け取って元気になりました。
めげそうになると、これを思い出しています。イケメンなのは外見だけじゃなくて中身もなんだよね。私の調子が悪い時も察して守ろうとしてくれました。
gin1.jpg

今日はここまでだけど、まだまだ書く事がいっぱい!
また書きます。
【 2018/12/16 (Sun) 】 しっぽ家族 | TB(-) | CM(0)

銀次郎と咲のおにぎり

またしても!銀次郎と咲のおにぎりを握りました!
このパターンしか握れない(≧▽≦)

明日は銀次郎の①周忌です。だから作りたくなったの。似てるでしょう~!
でもアゴ太りすぎた。笑
18-12-15-13-20-41-887_photo.jpg

一気に食べ切れなかったので、咲握りは夕飯にしました。銀次郎握りは食べちゃった!(o´v`o)
18-12-15-13-35-36-869_photo.jpg


【 2018/12/15 (Sat) 】 しっぽ家族 | TB(-) | CM(0)

銀次郎のこと①

こんにちは。今日はまた雪なんですね。私の地域ではもう止んでるし前みたいに積もらないみたいだけど。イラスト展も無事に終了して、…やっとブログに書くことにします。

フェイスブックなどでは既にお知らせしていたのですが。…私の大好きな犬息子の銀次郎が、去年の12月16日に虹の橋へ旅立ちました。


今日は四十九日です。でも今でもまだ何だか不思議な変な気持ちです。銀次郎がいないって。まだお部屋の中を歩いてる感じもする。でもいない。触れない。

銀次郎を家族にして12年目に入ったところでした。推定だけど16歳になったばかりでした。それも誕生日も正確には分からないのでトライアルに来た11/22を誕生日、正式に家族になった譲渡日2/5を家族記念日にしていました。

銀次郎は気管支拡張症と言われていました。元々咳とか出てたんだけど、年をとるにつれてやっぱり緩やかにだけど悪くはなっていってたんだよね。あとは腎臓の数値も良くなくて、心臓も少しだけ肥大してた(これは老化現象)。ヘルニアも2度やった。最初はお薬で良くなって、2度目は後ろ足が全く動かなくなってしまった。色々ぐぐってみたら鍼治療が効くとの事で、さらにぐぐって近くで鍼治療してくれる病院があったから通った。そしたら驚くほどの効き目があり、また歩けるようになった(*^-^*)

銀次郎君、去年の春にはお花見にも連れて行ってたの。
17991949_407119919670577_7511462025983197796_n.jpg
その後から徐々に…咳や呼吸が苦しくなってきてた。そして、9月~10月ごろからだんだんいつもの病院や夜間病院のお世話になるのが増えてきた。夜になると悪くなり、咳と呼吸が苦しい感じになってきて、酸素室に入ると落ち着くので、私の自宅用のレンタル酸素のレンタルを始めました。うすると少し楽に過ごせているからホッとしたの。

11月の終わりにはお散歩もしたけれど、12月に入ってからまた悪くなる日が続き…、自宅の酸素室では間に合わなくなってきたので、いつもお世話になっている病院に入院。先生も家に居るより病院の酸素室の方が濃度が濃いから」ということで預けました。
入院前に一度食欲も落ちたけれど、やっぱり濃度の濃い酸素室に入ったら楽になっていたようなので暫く預ける事に。食事もまた取れて!
ストレスかもしれないから、せめて慣れてる銀次郎のマイベッドを入れさせてもらったらまた安心したみたいでスヤスヤ寝てたの次の日もいい感じだったからナデナデして。やっぱり私が触ると喜んでくれてた(*^-^*)
翌日も絶好調ではないものの落ち着いてくれてた。先生も「まだもう少し様子見て、もし大丈夫そうなら自宅に帰れるかもしれないね」と言ってくれました。そしてその翌日、朝の7時半頃に自然に目が冷めて、咲と「そろそろ銀次郎迎えに行く準備するかね~」なんて言っていたら…、病院からの電話。どうしてこの時間に病院から?嫌な予感がして既に電話出る時の手が緊張したけれど、電話に出てみたら、・・・・・案の定、銀次郎が既に旅立っていたというお知らせが。。

電話は辛うじてちゃんと話せたけど、切ったとたんに感情が込み上げてきて号泣していました。昨日まで元気だったのにどうして、どうして??咲ちゃんは傍にいてくれてたけど、一人で病院には運転して行けないと思い、そして苦しくて嗚咽しながら母に電話して一緒に病院へ行ってもらいました。

…着いたけど、早く会いたいのに少し怖くて…。…銀ちゃんは既に眠っていました。
先生の説明によると、先生方もこまめに様子を見に行ってくれていたのですが、誰もいない少しの間に銀ちゃんは旅立ってしまったみたいです。一匹で…。私の頭の中では、銀次郎は私の腕の中って静かに…っていう設定だったのにな。
先生が見に行った時、器の中のご飯を銀ちゃんは少し食べたみたいです。食べた後があり、その次にお水を飲もうとしたみたいで、お水の器に半分マズルが乗っかったままだったそうです(水が鼻に入っていたの訳ではないみたい)。銀ちゃん、少し食べてお水を飲もうとしたんだね。その時に苦しくなっちゃったのかな…。

でもお顔も本当に安らかで、苦しんだような後はないみたいで、きっとそんな苦しまないで旅立ったんだと思います。
お水がちゃんと飲めていたら…とか一匹で…考えたりしてしまったけど、周りのお友達もお顔も穏やかだし、苦しくなかったんだよと言ってくれて、そうだよね。。と思うようにしました。それに家に居ても苦しいだけだったけど、濃度の濃い酸素室でその点では少し落ち着くことが出来てたしね…。

今日はここまでにします。銀次郎が旅立ってからも声を掛けています。咲ちゃんはいつもと変わらず。逆に見えてるから普通なのかもしれない。また書きます。

【 2018/02/02 (Fri) 】 しっぽ家族 | TB(-) | CM(3)

実写4コマ

ある日の2匹
ginsaki1.jpg

ginsaki2.jpg

ginsaki3.jpg

ginsaki4.jpg

一部始終見ていました(*゜▽゜*)

【 2017/09/05 (Tue) 】 しっぽ家族 | TB(-) | CM(0)

荷物検査官

IMG_20170628_140707.jpg

IMG_20170628_140825.jpg

IMG_20170628_140741.jpg

【 2017/07/01 (Sat) 】 しっぽ家族 | TB(-) | CM(0)